忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
Dear JULIE・・・


 22 |  21 |  20 |  19 |  18 |  17 |  16 |  15 |  14 |  13 |  12 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

燃える闘魂 沢田研○氏へ

なんだかプロレスラーみたいだが、僕にはジュリーが

そう見えるのだ!ン? この男は、生半可な男ではない。

僕は初めて会った時 そう思った。だいたいが京都人は、

歴史的に反骨精神の持ち主である。

「そうですねんや」なんて、柔らかい物腰に見えて、

なかなか目は笑おては、おりませんでした。

冷静でしかも知的で情熱家だ。ただのスター歌手やない。

彼はアイドル歌手の頃から、アイドル歌手ではなかったろ

うと思う。その頃、僕なんか、そばになんか近づけなかった

からです。僕がスターの、なまのを(イカの造りみたいだが)

初めて見たのはジュリーだった。忘れもしない、西宮球場。

僕は落語家の駆け出しで、内弟子の身だから、おじさんが

危篤でとかなんとか言って、師匠の家を抜け出し、夕暮れ

せまろうとする球場で、ザ・タイガースを見たのだ。アー、な

んという嬌声。球場を揺るがした大音響は、 今もこの耳の

底に残っている。そして時代は変わった。しかし、ジュリーは

第一線に堂々と立っている。昔以上に 眩しく煌めいている。
 
あれ以来、世界は違っても、ジュリーに負けるかと 歯を

くいしばって、僕はここまで来た。倒れる時は常に前向きに、

そう思って人生、生きてきた。しかし 相手はまだまだ先に

いる。涙の出るほど嬉しい限りだ。若者は、10キログラムの

バッテリを担いで歌えぬうちは、偉そうな顔をするな!

あれは、まさしく根性のかたまりだ。

だから、僕にとってジュリーは、常にファイティング・ポーズを

忘れない 男の中の男なのだ。妖しげな化粧は、

ミル・マスカラスの覆面なのだ。

                       桂 三枝 (落語家)


*****

〝アイドル歌手の頃から、アイドル歌手ではなかった〟 

いわゆる軽い意味でのアイドル歌手ではなかったと 

言っているんだと思うのですが、いい意味でのアイドル歌

手って感じはずっと持ち続けたいと思うんですよ。僕なん

かは!馬鹿さがなくなったら、芸人やおまへん!

                            
*****

PR
Copyright(c)  配達された一通の手紙  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA   * Photo by photolibrary   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
sarah
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R