忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
Dear JULIE・・・


 17 |  16 |  15 |  14 |  13 |  12 |  11 |  10 |  9 |  8 |  7 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 拝啓 沢田研○様

近頃、歌というものが段々、密室化していっているような

気がしてなりません。機械から体へ。それは一度も

外気に触れることなく、流入し、いわば、歌は注射のような

存在になりつつあると思いませんか?

ちょっとした歌の傾向と、機械の開発が、このような音楽の

楽しみ方に、変化をもたらすのでしょうが、やはり、

寂しいことのように思えます。

 歌は外気の中を、活力に満ちて飛翔し、一人一人の

心の中に、それぞれの革命を起こさせることに、意味が

あるような気がしませんか?

それぞれの小さな革命が、時と所を選ばずに、新たな

活力を生み出している現実を見ることは、歌を送りだす側

としては、こたえられない快感にもつながると思います。

 その歌が密やかに密室にこもり、密やかな楽しみになって

いる様を、沢田研○さん、あなたが黙って見ていては

いけません。いけないのです!歌に翼を生やし、歌に炎を

持たせ、時に歌に花や剣をくわえさせ、街の中を自由に

大胆に、そして最新に、飛び回らせようじゃありませんか?

そのような歌を送り出せるのは、あなたしかなく、

言い換えれば、沢田研○の使命でもあるのです。
 
いつか、なにかの機会に話したことがあると思いますが、

ありそうな形をした嘘よりも、ありそうもない姿をした真実を

描く方が、ズーッと誠実だと信じています。

壮大な嘘の顔をした真実を、壮大なまやかしのふりをして

歌ってみませんか?なにしろ、沢田研二の歌で、それぞれの

小さな革命が起こることを、そして、歌が密室から、再び、

外気に出ることを、誰よりも 期待しているのです。

                        阿久 悠 (作詞家)


*****

 阿久さんはずっと前から『ありそうな形をした嘘よりも、

ありそうもない姿をした本当のこと、これが沢田研○が歌う

題材だろう』と おっしゃっていましたが、自分でよく、

冷静に考えますと、こういう気分というのはよくわかるんだ。

阿久悠さんのおっしゃることも正しいと思うし、だが、

実際問題として、非常にむつかしいことだと思うんだ。

それが沢田研○の使命と言われるけれど、これは

むつかしいことだぞ。そう言ってくれるなら、本当に

そういう詞を書いてもらいたいね。言うのはかんたん。

するのはむつかしい! って これなんだよ。じゃなかったら

阿久悠さんの詞で、僕の歌だったら、一等賞を取って

いるでしょう。それが取れないということは、どっかに

間違いがあることを、僕達は 気付かなければならない

のではないかと。どんだけがんばっても、なぜ、一等賞に

なりえないか?これですよ、阿久悠さん!宜しくお願いしま

す。

                                  
                                     *****

PR
Copyright(c)  配達された一通の手紙  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA   * Photo by photolibrary   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
sarah
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R